上場しないこと

合同会社のメリットは上場しないこと

合同会社というのは、出資者全員が有限責任者となって会社経営を行なっていくための会社です。この会社の形態は、株式会社との比較によってより正確にわかるようになっています。株式会社というのは、基本的に外部からの出資を期待する会社の形態の事を言います。

上場をしていなくても、第三者からの出資という形でお金を集めることができますし、それをするための法律的な制度や手続きも存在します。
例えば、第三者割り当てという株式の発行による出資はその典型で、出資者に株式を買い取ってもらう代わりに、会社に対してお金を出資をしてもらうことになるわけです。

当然、この場合には相手に対して株式という対価を与えることになるのですが、これは会社の長期的な利益として双方の利益になる増資の手段ですので、株式会社にとっては非常に大切な手段なのです。反面、このような株式を買い取ってもらう方法にはデメリットも当然存在します。
それは、株式の保有によって実質的な経営権が株主に渡ってしまうことです。
特に、上場された企業では市場に存在している特定の会社の株式を買い占めることによって、その会社を子会社として支配することも法律上できるようになっているのです。

そのため、株式会社であって株式を第三者に購入してもらう方法というのは常にこのようなリスクが付いて回ることになります。
その点、合同会社ではこのような欠点が存在しないのです。合同会社というのは、会社経営に関する資本金や増資に関する資金を全て経営者本人が出資することになります。
つまり、お金を出資する人間と会社を経営していく人間が重なってしまうことがないわけです。合同会社のこの形態には大きなメリットがあります。
なぜかと言うと、会社に関する全ての決定を定款に自治運営で実現することができるようになるからです。株式会社における実質的な運営者は株式を保有している株主ですが、合同会社の場合はそもそも出資者自身でお金を出しているわけですから第三者に経営方針に関して口を出されることがありません。

これは外部からの意思決定を排除できるものでもあるのです。株式会社の場合には株主総会によって決定しなくてはいけない事項であっても、合同会社の場合には定款によって出資者自身で全てを判断出来ます。

このように、合同会社は上場ができないかわりに、出資者本人の自由度がかなり広がるという大きなメリットがあるのです。
経営方針に関して確固たるものがあるのならば、合同会社設立を目指すことが賢明だと言えます。